「カリビアンズ・アイ」 
※このコラムでは、オリビエ・チャールズさんにカリブ海のこと、ロンドンのこと、そして西粟倉のことなど、 筆者ならではの幅広い経験や知見を語ってもらいます。オリジナルの英語版も掲載していますので、あわせてお楽しみください。
第1回 ホーム(故郷)探し
始めまして。オリビエです。岡山県西粟倉村のフランスパン屋さん、といったらピンと来る方もおられるかと思います。 これから何回かにわたって、僕の故郷の紹介をさせて頂きます。2年前に田舎暮らしを始めようと決意し、20年近く住んだロンドンから西粟倉村に移住してきました。 西粟倉は「水」がおいしいことでよく知られていますが、村のあちこちから小川のせせらぎが聞こえてきます。 四季を通して、その流れは村中を潤し、吉野川に流れ込みますが、同時に自分たちの生活を癒し、自然のリズムに乗せていってくれます。 最近特に、西粟倉がカリブ海に浮かぶ自分の故郷に似ている事を感じる様になりました。

「グアドループ」と聞いてすぐ解る人は殆どいません。カリブ海の東に位置し、橋でつながっている2つの大きな島とその周辺の小さな諸島群からなっています。 カリブ海にありますが、フランスの海外県なので、もちろんユーロが通貨になります。グアドループは、蝶の形をしているので、別名「カリブ海の蝶」とも呼ばれています。
僕は、この島で幼年期を過ごしました。実はイギリスで過ごした期間の方が長いのですが、グアドループは自分にとって特別な場所です。 外国生活が長いので、常に周囲の人達に、言葉の意味や、事柄の説明を求めることに随分慣れましたが、グアドループに戻ると、色々なことをすべて自然に受け入れ、納得できるのです。 自分を見失った時に戻ると、海を見ながら、自分の人生はこのカリブ海のように世界中の海とつながっているんだ、と、また思い直すことができる、そんな場所なのです。

生まれたのは、蝶の左側の羽にあたるバス・テール島で、熱帯雨林と火山の島。ビーチの砂も火山灰の影響でどちらかというと黒っぽい。 対するグラン・テールは、カリブ海の島のイメージ通りの白い砂とやしの木のビーチでいつも観光客でにぎわっています。 今は、グアドループの持つ色々な側面がすべて好きだけど、若い頃の自分は、白い砂のビーチに憧れていました。
My version of the event: Being home
I live in Nishiawakura village in the north part of Okayama prefecture. It is just on the border of Hyogo and Tottori Prefectures.
A river called Yoshino-gawa runs through the village and all the little streams diving into the river play the same song throughout the seasons.
I have made Nishiawakura my new home two years ago and I can now see how much this village reminds me
in so many ways of the place where I was born and spent a good part of my childhood.
Although I have spent more time outside the island, it will always have a special place in my heart.
I have lived longer in England than in Guadeloupe.
I do not go back as often as I would like to and yet this is the place where things make sense
and where I don't need to ask for any definitions of the words or the explanations of the events.
Above all, Guadeloupe is the place where I have learned to follow the river to find the sea.
Hidden in the eastern Caribbean sea, Guadeloupe comprises of two main islands, Basse-Terre and Grande-Terre
linked with a bridge and the adjacent islands of La Desirade, Les Saintes and Marie-Galante.
It is often referred to as the butterfly of the Caribbean.
I grew up in Basse-Terre with its rough volcanic relief and tropical forest whose contrast with the white sand beaches,
rolling hills and flat plains of Grande-Terre is striking.
As I got older, I learnt to appreciate the beauty of all the islands at the right time of the year
although I was under the spell of the postcard cliche of the sandy beaches for a good part of my teens.

>次回に続く

 

オリビエ・チャールズ 
1974年生まれ。フランス・グアドループ出身。
日本に移住前はロンドンに20年間在住し、ネット広告会社社長として海外を飛び回る。 岡山県西粟倉村に移住してからは、英会話、フランス語会話講師、パン職人、B&B経営、そしてヨガインストラクターと幅広く活動している。

Hugo et Leoパン工房
〒707-0504 岡山県英田郡西粟倉村長尾931

※オリビエの活動に興味がある方はwww.nokishita-toshokan.comへ、 またはfacebookでNokishita Toshokanへどうぞ。
カリビアンズ・アイ
カリビアンズ・アイ

第3回 キャンプの思い出(2)

さて、今年の5月の終わりに、兵庫県佐用町で子供達とキャンプをしました!
もちろん日本で初めてのキャンプです。体験的に1泊2日で…
カリビアンズ・アイ
カリビアンズ・アイ

第2回 キャンプの思い出(1)

幼い頃の思い出で一番印象に残っているのは、毎年家族でキャンプに行っていた時の事です。 グアドループはキリスト教カトリック系の影響が大きく、… 
美作人インタビューリンク