「カリビアンズ・アイ」 
※このコラムでは、オリビエ・チャールズさんにカリブ海のこと、ロンドンのこと、そして西粟倉のことなど、 筆者ならではの幅広い経験や知見を語ってもらいます。オリジナルの英語版も掲載していますので、あわせてお楽しみください。
第3回 キャンプの思い出(2)

さて、今年の5月の終わりに、兵庫県佐用町で子供達とキャンプをしました!
もちろん日本で初めてのキャンプです。体験的に1泊2日で、食事も夜はおにぎり、ソーセージときゅうりスティック、 朝はうちのパンとフルーツだけの簡単なものにしました。
そして、なんとこのキャンプ場は共同浴場付きでした!
朝は鳥の鳴き声を聞きながらゆっくり起き出し、朝食後キャンプ場沿いの川辺を散歩しながら、 自分が幼い頃のグアドループでのキャンプ体験を思い出しました。 海と照りつける太陽、そして種類やサイズは違うけれど,毎食カニばかり食べさせられたことを!
当然、水道水やトイレはなし、日が暮れるとその後1時間だけろうそくのあかりで家族とおしゃべりして、、、。
2週間も両親と一緒によく寝ていたものです。それに比べたら、キャンプに来て、お風呂に入れるなんて、なんて快適なんだろう。 だけど、そのギャップが逆に昔の思い出を鮮明に思い出させるのでした。

I incidentally went camping with my family in Sayo a few weeks ago.
We wanted it to be a smooth introduction to camping for our kids.
So we packed for one night away some onigiri, some cucumber sticks, a few sausages to grill for dinner, some freshly baked bread from our French bakery and fruit for breakfast.
We had a hot bath at night and woke up with the sound of the singing birds by the river.
We devoured our breakfast and I followed the boys to explore the adjacent river and it brought me back in time.
Well this is not the type of camping experience I am referring to back then.
It was two weeks of the sea, sunshine and crabs in any shapes and forms you can imagine for every meal, no running water, no toilet and only dim candle light for an hour after the sunset and I had to sleep in the same space as my parents for two weeks!

>次回に続く

 

オリビエ・チャールズ 
1974年生まれ。フランス・グアドループ出身。
日本に移住前はロンドンに20年間在住し、ネット広告会社社長として海外を飛び回る。 岡山県西粟倉村に移住してからは、英会話、フランス語会話講師、パン職人、B&B経営、そしてヨガインストラクターと幅広く活動している。

Hugo et Leoパン工房
〒707-0504 岡山県英田郡西粟倉村長尾931

※オリビエの活動に興味がある方はwww.nokishita-toshokan.comへ、 またはfacebookでNokishita Toshokanへどうぞ。
カリビアンズ・アイ
カリビアンズ・アイ

第2回 キャンプの思い出(1)

幼い頃の思い出で一番印象に残っているのは、毎年家族でキャンプに行っていた時の事です。 グアドループはキリスト教カトリック系の影響が大きく、… 
カリビアンズ・アイ
カリビアンズ・アイ

第1回 ホーム(故郷)探し

始めまして。オリビエです。岡山県西粟倉村のフランスパン屋さん、といったらピンと来る方もおられるかと思います。 2年前に田舎暮らしを始めようと決意し…
美作人インタビューリンク